命の母は辛い更年期障害に効果アリ?【13種類の生薬が配合】

バランスよい配合

女の人

様々な体質に合う

命の母は更年期症状の改善に効果的な命の母Aと、生理の諸症状の改善に効果的な命の母ホワイトがあります。漢方薬を処方するときは本来体質などを診て「証」を立てますが、命の母は三大婦人用漢方薬に用いられる生薬をバランスよく使っているので、どんな証の人にも適するようになっています。命の母Aは、更年期症状の代表的な精神症状であるイライラや不安感、倦怠感などはもちろん、ホットフラッシュや頭痛、肩こりなどの身体症状まで幅広く効果を発揮する薬です。配合されている成分は、生薬とビタミン類が主です。生薬で多く配合されているのは、シャクヤクやトウキ、カノコソウなどで、その他の成分ではタウリンやビタミンB1が多くなっています。シャクヤクやトウキは血が滞る状態を指す「お血」を改善する効果があり、カノコソウは精神安定作用を持ちます。また、タウリンやビタミンB1は神経や筋肉に作用し、腰痛緩和などが期待できる成分です。一方、命の母ホワイトは生理痛やPMS(月経前症候群)、生理不順などに効果的な薬です。こちらも「お血」を改善する生薬が配合されていますが、命の母Aよりもさらに血行を促進する生薬が多く配合されています。最も多く配合されているのはシャクヤクやトウキで、駆?血効果のあるダイオウやセンキュウも多いです。また、老廃物や毒素を排出する効果があるソウジュツやブクリョウも、命の母Aより配合量が多くなっています。そして、命の母Aには入っていない生薬にタクシャがあります。これは生理中のむくみなどに大きな効果が期待できる生薬です。

Copyright© 2018 命の母は辛い更年期障害に効果アリ?【13種類の生薬が配合】 All Rights Reserved.